予定通りに昇給せず、収入が減って住宅ローンが払えなくなった。

 

どうせ住宅ローンを組むなら若いうちが良いと思っていたので15年前に東京の郊外でしたが建売の一戸建てを購入しました。

 

将来は収入が順調に増えると思っていたので、変動型金利のローンを利用して支払いを続けていましたが、私が思ったように給料は上がっていきませんでした。
月々の返済額が上がった時に返済スケジュールを見直してもらって、金額を減らしながら、なんとか支払いを続けていましたが、不況でさらに収入が減って、減額をしてもらった金額でも住宅ローンを払っていけなくなりました。
愛着のある家でしたが、持ち家を持っていることが今後の最大のリスクになると判断をして、任意売却を決意しました。
今は実家に戻って高齢になった親との同居という形をとっています。

最初は同居という事で生活環境の変化に戸惑いもありましたが、住宅ローンがなくなったことで生活費を抑えられているので、高校生と中学生の子供の教育費も確保ができています。